水彩画の基本の道具~可愛いイラストを描きたい

普段はアクリラガッシュで絵を描いているのですが、以前に水彩画を描いてみたくなって習っていたことがありました。

 

猫

 

こんにちは。

 

イラストレーターの南之園ゆりこです。

 

透明水彩の色ってとてもキレイですよね。友人のイラストレーターも多く使っています。

 

雑貨屋さんに置いてある小物や、文房具にかわいいイラストが添えられているのを見るとこういうの描いてみたいなあと思ってしまいます。

 

いつもは不透明水彩のアクリラガッシュを使っているので、私にとって透明水彩絵の具とはとても遠い世界の画材でした。

 

ふとしたご縁で水彩レッスンを受けたことがあり、そのときに得た知識を生かして、これから水彩画を描いてみたいと思っている方に、オススメの道具をご紹介します。

 

水彩画の基本の道具

 

「水彩画の基本の道具」といえば、

 

  1. 透明水彩絵の具
  2. 水彩紙

 

の最低3つがあれば描けます。

 

ちょっとやってみたいだけなら、100均に行ってもひと通り揃います。

 

でも、水彩画に関していえば、

 

  • ちょっといい絵の具と筆、紙を揃えた方が上達します。
  • そして描いていて楽しいです。

 

その理由の一つに水彩画特有の持ち味といえば、

 

なんといってもにじみぼかしなどの技法です。

 

初心者にとってはとても難しい技ではありますが、筆にたっぷり絵の具を含ませて、上質の紙に絵の具を乗せると初めてでも成功する確率があがります。

 

紙の上に美しい色がふわあっと広がったときは嬉しいですよね。

 

本を参考にしたり、動画を見て実際にやってみてもぜんぜん出来ないとつまらないし、続きません。それにぜんぜん楽しくありません。

 

なので最初の道具選びが重要なのです。

 

おすすめの水彩画の道具

 

はじめから一度に揃えることはありません。家にあるもので代用しながら、必要なものを少しづつ買い足して行けばいいです。

 

最初は、どれを選んだらいいのかわからないので、水彩画の先生に聞いたり、私自身が使っているもの、試したことのあるもの、評判の良い道具をご紹介します。

 

赤マークは必須、グレーマークは家にあるもので代用したり、すぐに揃えなくてもよいものです。

 

えんぴつ、ペンなど

 

まずは下書きです。水彩絵の具に馴染むのはやっぱり鉛筆のやわらかな線かなと思います。使用するえんぴつシャープペンシルは、最初は家にあるものや子どもの使っていたものなどで充分です。

 

 

三菱鉛筆 鉛筆 ユニスター 2B

 

国産の三菱鉛筆。値段も手ごろで使いやすいです。

 

 

 

ステッドラー 鉛筆 ルモグラフ 製図用 2B

 

鮮やかなブルーでお洒落なデザインがカッコいい。ステッドラーはデザイン学生時代に、友人が持っていて憧れました。

 


 

 

ファーバーカステル 水彩色鉛筆  36色セット

 

下書きの線を塗りの色と合わせたい、目立たせないように描きたい、絵の具と混ぜて消したいなどに便利です。

 


 

コピック マルチライナー

 

ペンの下書きに色を付けるときに使います。マンガやよりイラストっぽい仕上がりになります。

 

消しゴム


 

消しゴム MONO

 


 

文房堂 ネリゴム ARTIST CLEANER

 

カスの出ない消しゴム。下書きの線を薄くしたりします。こすらないので紙も傷みにくいです。使ったあとは乾燥防止のために、買ったときについているジップロックのような袋に入れて保管します。

 

水入れ

 

 

サクラクレパス 筆洗 角型 大

 

100均や、使っていないマグカップなどでもOK!

 

ぞうきん

 

ぞうきんまたは、ティッシュペーパー。古くなったタオルでOK!筆についた水分や絵の具を拭きとって色の出具合いを調節します。

 

 

紙&スケッチブック

 


 

ミューズ 水彩紙 ホワイトワトソンブロック F4 300g ホワイト 15枚入り HW-304 F4

 


 

ホルベイン ウォーターフォード水彩紙 ブロック 中紙300g(中厚口) 中目 ホワイト 12枚とじ 270-934 EHB-F6

 

ちょっと高い紙です。水彩続けられそうだなと思ったらぜひ。

 

大きな画材屋さんに行くと水彩紙1枚からでも購入できます。

 

絵の具

 


 

ウィンザー&ニュートン 水彩絵具 ウィンザー&ニュートン コットマン ウォーターカラー 16色セット

 

「ウインザー&ニュートン」の水彩絵の具は高価ですが、長く使えます。16色くらいあれば自分で色を作ることが出来るので初心者でも充分楽しめます。

 

使っていくうちに足りない色や出せない色が出てくるので買い足していけばいいです。

 


 

私が個人的に買い足した色は濃いめのピンク。

ウインザー&ニュートンアーチスト水彩絵具 プロフェッショナルウォーターカラー(ハーフパン) 448 オペラローズ

 

固形の絵の具をパレットに溶いで、パレットを洗わずに乾燥させればまた翌日、筆に水をつけて溶けば塗ることができます。アクリルガッシュではこうはいきません。

 

パレット

 


 

クリエイト アルミパレット AP-2000 (30仕切り) 水彩用

 

上でご紹介した「ウインザー&ニュートン」の水彩絵の具はパレットの機能も果たしているので初心者から中級者の場合は、無くても大丈夫です。

 

使用する絵の具が増えてきて、本格的に大きな絵を描くようになるとパレットが必要になってきます。お気に入りのチューブの水彩絵の具をハーフパンのように使用するため、自分専用パレットを作ります。

 

チューブの水彩絵の具も固まるとハーフパンのようにくり返し使用できます。パレットの小さな仕切りが絵の具置き場になります。

 

 


 

インターロン 水彩筆

 

形状記憶でとても使いやすいです。筆先が割れずに細かいところを塗れるので重宝しています。いろいろ使ってみましたが今はこれがいちばんのお気に入りです。この筆はアクリルガッシュでもOKです。

 


 

呉竹 画筆 水筆 水筆ペン

 

旅先や外出中のスケッチに。

 

あるとかなり便利な道具

 

紙にじかに描いて消しゴムで消していると、紙が毛羽立ったり鉛筆の跡が残ったりして、水彩絵の具がキレイに発色しません。安い紙に下書きを何度か練習したり写したりして、納得のいく下書きが描けたら本番用の紙に写します。

 

ライトテーブル。私が持っているものはとても古いのものです。

 


 

トライテックのトレース台

 


 

トレーシングペーパー

 


 

カーボンペーパー片面筆記用

 

色は黒、青、赤があります。私は赤を使っています。

 


ドローイングガムマーカー(マーカータイプマスキングインク) 0.7mm

 

やる気が出るおすすめ本

 


 

たのしい水彩の時間ー0からの水彩イラスト

 



手帳スケッチ 出会ったモノ・ヒト・コトを絵で残すコツ

 

スケッチでササっと描ける人も羨ましい。イラストレーターの友人田口さんなんかまさにそうで、素敵な絵をいつでもどこでも描いています。


きちんと描ける花スケッチ 5つのステップでカンタン水彩

 

水彩でお花を描くのは王道でもあり、憧れです。花びらの儚い色のグラデーションとか筆でふわあっと描けたら嬉しいですよね。

 

画材を購入する前に

 

ネットで便利に購入できる時代ですが、できれば画材屋さんで一度実物を見て触って買って欲しいなと思います。大きなホームセンターにも画材コーナーがあります。

 

お店の方と仲良くなると意外ないい筆や紙の情報を教えてもらえるかもしれませんよ。

 

それに店舗によっては、紙やトレーシングペーパーを1枚から購入できるメリットもあります。

 

特に水彩紙は値段が高い上に筆との相性もありますし、1枚から試せると自分に合う紙が見つかるかもしれません。

 

私が絵を描き始めた10数年前、まだ紙も絵の具も、それ以前にどんな画材で描くかも決めていませんでした。ただ何か描きたくて、築地にあるパレットクラブスクールに通い始めたのです。

 

あれから、ずいぶん経っていつの間にか家にはいろいろな画材があります。使っていないものも多くあります。

 

これから描きたい誰かのお役に立つと嬉しいです。

 

画材専門のオンラインショップ

 

老舗画材専門店

 

地域の素敵な画材屋さん

 

仙台の青葉画荘さんのオンラインショップ、画材販売.jpさんのサイトのカラーチャートが便利で見やすいです。どのサイトもいろいろな画材が豊富で見ていてとても楽しいのでした。

 

水彩画の魅力とメリット

 

初心者が始めやすい。

 

最初に揃える画材は少し値が張りますが、絵の具も筆も長持ちするのでコスパはいいです。

 

下書きを残してさえおけば、失敗したときに何度でも写して塗り直せます。

 

美しいぼかしやグラデーションが表現できると嬉しい。

 

旅先に小さなスケッチブックを持参してササっと描けるのも魅力です。

 

水彩画のデメリット

 

慣れるまで難しい。

 

塗り直しが効かない、手直しが難しい。

 

→高い紙を無駄にしてしまう。

→しっかりした下書きがあれば何度でも写して描きなおせます。

 

水彩画まとめ

 

水彩画といっても、絵画的なものから、風景画や花のように王道の絵。可愛いキャラクターやコミックの彩色までさまざまなジャンルがあります。

 

にじみやぼかしは王道の技法で、線画に色を塗るだけのぬりえのようなイラストを描く人もいます。

 

ほかの画材もそうですが、自分の好きなように描いて楽しければいいのです。

 

※こちらでご紹介した画材は一例です。ご参考になれば幸いです。

関連記事