くまあやこ個展『夢の星庭』ギャラリーハウスMAYAへ

ギャラリーハウスMAYAへくまあやこさんの個展『夢の星庭』を見に行きました。ギャラリーDAZZLEのグループ展『ANIMAL』を見て、そのまま歩いて徒歩5分くらいです。

 

青山、表参道から外苑前周辺には、徒歩でギャラリー巡りができるので、素敵な展示があると嬉しいです。万歩計も歩数が稼げます。

 

くまあやこ個展『夢の星庭』ギャラリーハウスMAYA

 

最終日だったためか、ちいさなギャラリー内は人で溢れていました。人も多いし、もう少しゆっくり見たかったけれど、友人も疲れていたので早々に引き上げてしまいました。

 

コロナ禍でなければ、多少人が多くてもずんずん見に行けちゃうんですけどね。

 

 

貴重な銅版が置いてありました。屋根型の額縁が、猫やわんこに合っていて可愛いです。

 

 

どれもこれも細かく描かれていて、見ているのが楽しい。

 

 

 

上の方に飾ってある陶器のモチーフも可愛いな。駆け足だったけれど見に来れてよかったです。

 

  • くまあやこ個展『夢の星庭』

 

  • 日々じっと見つめるいきものや植物たち、
    刻々と変化する小さな庭の宇宙からひろがる世界、
    思いをはせている楽園、夢のなかのことを、
    銅版画と紙版画で描きます。
    3年ぶりの新作の版画展になります。
  • くまあやこさんHP

 

  • 場所:ギャラリーハウスMAYA
  • 会期:2021年6月28日(月)〜7月3日(土)
  • 時間:11:30~19:00(最終日は17:00まで)

 

くまあやこさんの表紙と挿絵が素敵な本です。

 


 

 

銅版画に彩色されているこちらの本、読んでみたいです。くまあやこさんの個展を見たあと、この近くに会田誠さんの「パビリオンTOKYO」のお城の展示があるとの情報を知り、ついでに見に行きました。

 

 

「パビリオン・トウキョウ2021」会田誠 東京城

 

段ボールとブルーシートで出来た会田誠さんのお城です。写真を撮っている若者がちらほら。鳩が多いのが気になります。

 

お城は、きのうの大雨で、段ボールが少しふやふやになっていました。

 

「段ボールは野菜が多いね」と友人。

 

「ホントだ、はくさい、にら、かぶ、レタス、キャベツもあるね」

 

え?そんな感想でいいのって感じでアート巡りの一日が終わりました。

 

でも、久しぶりの都心、久しぶりの友人と会えてリフレッシュ。やっぱり家にばかりいるより気持ちがずっと明るくなりますね。

関連記事