『ミナ ペルホネン/皆川明つづく』東京都現代美術館へ行きました。

清澄白河の東京都現代美術館へ『ミナ ペルホネン/皆川明 つづく』を観に行きました。

 

ミナ ペルホネン/皆川明 つづく

 

こんにちは、イラストレーターの南之園ゆりこです。

 

東京都現代美術館は、東京メトロ半蔵門線または都営地下鉄大江戸線の「清澄白河駅」から徒歩10分から15分くらいの場所にあります。

 

ちょっと歩くので雨だと遠く感じる距離です。

 

夕方16時半頃到着。入り口に入るとチケット売り場は20分待ちの案内が出ていました。

 

 

つづくのポスター。

 

 

ミナペルホネンの生地が並んだ最初のお部屋。写真を撮っている人が多かったです。Instagramにあげるのかな?映えますよね。

 

 

この展示、ミナペルホネンのデザインへの思いが、皆川明さんの言葉で綴られています。

 

 

洋服の森。ミナの服を一度は着てみたいけれど、自分の一着が決められず。友人のスカートを見つけて撮影していました。

 

 

わあ~っとあちらこちらから声が上がります。

 

 

 

 

写真OKの場所が多かった。あとで家でゆっくりもう一度見られるのがいいですよね。

 

 

ぐるりと最後の部屋を出るといちばん最初の部屋に続いていました。これから先も、まだまだつづくのです。

 

グッズはそんなに無くて、エコバッグやマスキングテープ、ほぼ日手帳などが売っていました。

 

ずっと使っていた「ミナのほぼ日手帳」を買い替えたいけれど、いま販売されているものはとても大きいので以前の小さい手帳カバーを再販してくれないかな。

 

 


 

ミナ ペルホネン / 皆川明 つづく

 


 

ミナを着て旅に出よう

 


 

マスキングテープ mt ミナペルホネン

 

 

ミナ ペルホネン/皆川明 つづく

 

  • ミナ ペルホネン/皆川明 つづく
    2019年11月16日(土)〜2020年02月16日(日)
  • 10:00〜18:00
    ※展示室入場は閉館の30分前まで
  • 休館日:月曜日
  • 場所:東京都現代美術館

 

東京都現代美術館へのアクセス

 

関連記事